空調機省エネ運転システム

導入のご提案


 皆様にメリットのある
ご提案です

導入前後の最大デマンド量の推移

●お客様は
   → 電力料金を低減できます
     3年間の電力節約金額で
     装置が導入できます

●電力会社は
   → 夏場の電力需要ピークを
     抑えられます

●そしてC2D2は
   → 信用と実績が得られます


※ぜひともご検討よろしくお願いします


■装置の概要

オフィスビルでの使用電力に占める空調機の電力はかなりの比率を占めています。このシステムはこの空調機による電力需要のピークとランニングコストを抑える目的で開発されました。


対象となる方

80Kwを越えるデマンド契約を電力会社と結ばれているお客様


■導入のメリット・特徴

1)電力コストを低減します
基本料金と使用料金の両方の削減可能となります

2)差益を翌月から得られる、低価格設定です
装置導入コストを安く抑えることで、電力料の節約による 差益をすぐ翌月から得られます(例えば5年リースで算定の場合)

3)安心で確実な設計です
エアコン1台ごとに1ヶの小型コントローラを使用していますので、デマンドメータ有無にかかわらず
効果が確実で、安心して運用いただけます

4)お客様ごとに最適設計します
お客様ごとに状況を分析し、空調機ごとの制御が最適となるよう個別に設計します(セミオーダー方式)
また、古い空調機でも対応致します。

5)将来のニーズには1台単位で対応できます
エアコン1台からの単独制御対応なので、将来お客様に新たなニーズが発生しても対応可能です。
また、空調機の交換や追加等にも対応できます。

6)導入の効果の目安
省エネによる電力節約金額3年分以下で本システムが導入できれば、導入効果ありと判断できます。

■豆知識(用語説明)

○最大需要電力(デマンド)とは
エアコンやモーターなどのスイッチを入れると、そのたびに使用電力は増えていきます。この刻々と変わる需要電力を30分単位で計量器が計量し、30分単位の平均値(平均電力)を算出します。この平均電力の1ヶ月間の最大値をその月の最大需要電力と呼びます。

○デマンド料金制度とは
基本料金算定のもととなる契約電力は過去1年間の最大需要電力で決定されます。デマンド料金制度は最大需要電力が直接、電気料金に反映される制度です

■調査・見積りは無料(書類による簡易見積り)

当システム導入により、どれほどのメリットが出るのかについての調査・見積りは原則無料にて実施させていただきます。ただし、お客様にて下記の必要書類をご用意ください。
調査結果は書面にて報告させていただきます。

必要書類・データ(ご記入用紙別途)
@最近の電気料金請求書(コピーで可)
A1日当りの営業時間内で電気使用している時間:(例:8時間/日)
B1月当りの平均営業日数:(例:22日/月)
C空調機のメーカ、品番、圧縮機の出力・数量・区分(冷房専用・冷暖両用)
D電力会社との契約種別
E各月の使用電力料:1年分
F各月の最大需要電力(デマンド実績)
※C〜Fにつきましては相談ください。 弊社が代行させていただく場合もあります。
特にEFにつきましては中部電力(東海地区)の電気使用実績証明願いに署名・捺印が必要となります。


■豆知識(用語説明)

○最大需要電力(デマンド)とは
エアコンやモーターなどのスイッチを入れると、そのたびに使用電力は増えていきます。この刻々と変わる需要電力を30分単位で計量器が計量し、30分単位の平均値(平均電力)を算出します。この平均電力の1ヶ月間の最大値をその月の最大需要電力と呼びます。

○デマンド料金制度とは
基本料金算定のもととなる契約電力は過去1年間の最大需要電力で決定されます。デマンド料金制度は最大需要電力が直接、電気料金に反映される制度です


■導入事例1

○建設会社:7階建て、本社オフィスビル
エアコン23台稼動 延べ床面積 = 2,200u

導入後のメリット 導入前 導入後 メリット
デマンドピーク
(kW)
146 107 27%低減
電力消費量
(kWh/月)
34,322 34,694 5%低減
電気料金
(円/月)
766,337 690,077 10%低減



■導入事例2

○商社: 事務所、研究所、倉庫
エアコン70台稼動 延べ床面積:約7,600u

導入後のメリット 導入前 導入後 メリット
デマンドピーク
(kW)
680 570 16%低減
電力消費量
(kWh/月)
122,014 112,521 8%低減
電気料金
(円/月)
2,595,170 2,293,871 12%低減