メール設定ファイルとは?

メール設定ファイルとは、RS232C機器からの取得データをメールに送るための設定を記述したファイルです。
設定ファイルには、通常メール用とアラーム(緊急時)用の設定ファイルの2種類があります。
そして、任意の作業ディレクトリーに拡張子がTXTのファイル名で作成します。
名前も任意なので、通常用はTUJYO.TXT 緊急用はALARM.TXT 等のように判りやすい名前を付けると良いでしょう。
尚、通常用とアラーム用の設定ファイルの内容の違いはありません。ファイル名で管理下さい。
また、通常用、アラーム用は個別に利用する、利用しないをプログラムで設定することができます。
この設定ファイルはメモ帳で記述でき、設定内容も簡単なのですぐ覚えられるでしょう。

設定ファイルの作成方法

番号とその内容を記述していきます。

番号に対する設定内容は下表の通りです。

 番号  説明
01. 送信先サーバーアドレス(必須)
1行で記述します
01.smtp.xxxx.co.jp
02. 宛先メールアドレスを記述します(1行、必須)
コンマで区切れば複数のメールアドレスを指定できます
02.aaaa@zzz.co.jp
03. CCアドレスを記述します(1行、省略可)
コンマで区切れば複数のメールアドレスを指定できます
03.bbbb@zzz.co.jp
04. bCCアドレスを記述します(1行、省略可)
コンマで区切れば複数のメールアドレスを指定できます
04.cccc@zzz.co.jp
05. 送信元アドレスを記述します(1行、必須) 05.myaddress@domain.co.jp
06. SMTP before POP 認証が必要な場合ユーザーIDとパスワードを
コロン
で区切って設定します UserID:PassWord
06.userid:password
11. 件名を記述します(1行、必須) 11.通常報告
12. 本文ヘッダ内容を記述します(省略可)
複数行の記述も可能です
12.計測定期連絡
12.------------
13. 本文フッタ内容を記述します(省略可)
複数行の記述も可能です
13.------------
13.計測PC1より
14. アラーム時に先頭につける文字列(アラーム判別用)
(デフォルトは※です)
14.★:

尚、通常メールは、メール送信の度に送信番号が件名の前につきます。
通常メールの件名の例 15 通常メール連絡
アラームメールは、メール送信の度に送信番号がカッコ付で件名の前につきます。
アラームメール件名の例 [15] 緊急メール


下記は実際にメモ帳などで記述した例です。
' シングルコーテーションで始まる行はコメントです。
'送信先サーバー
01.smtp.xxxx.co.jp
'送信アドレス
02.aaaa@zzz.co.jp
'ccアドレス
03.bbbb@zzz.co.jp
'bccは不要
'04.
'送信元
05.myaddress@domain.co.jp
'smtp before pop は行わない
'06.
'件名
11.通常報告
'ヘッダ
12.計測定期連絡
12.------------
'フッタ
13.------------
13.計測PC1より
'アラームマーク
14.★: